動画プログラムリスト



皆さん、こんにちは 坂本直紀社会保険労務士法人代表の坂本直紀です。
本日は、この動画をご覧くださり、誠にありがとうございます。

今回は、適正な評価と処遇について解説しました。

これからは、改正高年齢者雇用安定法の影響もあり、間違いなく、社員は65歳までは働くことが当たり前の時代になります。

そのときに、やる気に満ち溢れた多くの高年齢者がいるのと、全くやる気のない多くの高年齢者がいるのとは、大違いです。当然、目指すのは前者になります。

一方で、60歳以降の高年齢者には、年金や雇用保険から高年齢雇用継続給付が支給されます。

こうした公的給付に過度に依存することが、先ほどのやる気に満ち溢れた高年齢者との関係で適切か否か、賛否両論あると思いますが、動画の中で提言していますので、是非ご覧ください。

トップページ会社概要事業概要お役立ち情報お客様の声FAQ
個人情報保護方針著作権・免責事項リンク 特定商取引法に基づく表記人事労務イノベーション研究会
Copyright (C) 坂本直紀 社会保険労務士法人 All rights reserved