経営人事労務顧問・就業規則・ハラスメント/残業/メンタルヘルス対策・セミナー・研修   坂本直紀 社会保険労務士法人

坂本直紀 社会保険労務士法人 電話番号-坂本直紀 社会保険労務士法人
YouTube  フェイスブック  ツイッター  お問合せ・ご相談
プロフィール

資料ダウンロード

執筆紹介
「ストレスチェック制度 導入と実施後の実務がわかる本」(日本実業出版社 2015年12月17日発行)
詳しい内容はこちら

職場のメンタルヘルス対策の実務 第2版
「職場のメンタルヘルス対策の実務 第2版」(民事法研究会 2013年3月15日発行)
詳しい内容はこちら

労働関係法改正にともなう就業規則変更の実務
「労働関係法改正にともなう 就業規則変更の実務」(清文社 2013年3月8日発行)
詳しい内容はこちら

「判例にみる 労務トラブル解決のための方法・文例 第2版」(中央経済社 2011年7月15日発行)
詳しい内容はこちら
執筆実績一覧へ

坂本直紀のビジネスブログ
トップページ → お役立ちメルマガ → 第1032号

<16日間連続スーパーリフレッシュ休暇>


【概要】

あるテレビ通販会社では、働き方改革を進めています。
具体的には、次の内容が特徴的です。

  1. 日々の退館時間を20時30分に設定。更に週2日を  「ノー残業デー」とし、18時に「蛍の光」を流すことで、社員に業務を切り上げるよう促しています。
  2. これまでも公休日と合わせて連続9連休を取得する「リフレッシュ休暇」を導入してきましたが、今年5月には、16連休の取得が可能な「スーパーリフレッシュ休暇」を導入しました。

【意見・感想・解説】

今回は、働き方改革に取り組んでいる企業事例を紹介しました。 16日連続のスーパーリフレッシュ休暇制度とは、すごいですね。

永年勤続者に対してリフレッシュ休暇を促す取組みは、 多くの会社でみられますが、さすがに「16日間連続」は まだまだ珍しいケースといえます。 また、リフレッシュ休暇を「法定外の特別休暇」とする ならば、取得者に簡単なレポートを提出させてもよいでしょう。

会社に報告となれば、長期の休暇をだらだらと過ごすのではなく、

「計画的かつ意義ある休暇にしなくては」
という気持ちが働くと思います。
そういう意味では、大胆な長期の休暇制度は、意義が あると思います。

このようなリフレッシュ休暇ですが、特に長期旅行などの まとまった予定がないかたは、普段からやりたいと 思っていた分野の、自己研鑽の機会にあてても良いですね。


 

1.以下の「お問い合わせ・ご相談はこちら」ボタンをクリックして下さい。お問い合わせフォームが開きます。

2.お問い合わせフォームは、以下の通りとなっています。必要事項をご記載いただくとともに、ご要望事項をご記載の上、ご送信下さい.。
 内容を確認後、電話またはメールで、ご連絡いたします。その際に、ご要望事項を確認させていただきます。必要に応じて、訪問して説明いたします。



人事労務顧問

就業規則作成・改訂

フッター

当社との取引について

●人事労務顧問、就業規則、ハラスメント対策、残業対策、メンタルヘルス対策、セミナー、研修は、全国対応させていただきます。

●東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心に活動しています。
遠隔地のかたは、メール、電話等でご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。

フッター
トップページ会社概要事業概要お役立ち情報お客様の声FAQ
個人情報保護方針 著作権・免責事項リンク 特定商取引法に基づく表記人事労務イノベーション研究会
Copyright (C)2007-2013 坂本直紀 社会保険労務士法人 All rights reserved
フッター