経営人事労務顧問・就業規則・ハラスメント/残業/メンタルヘルス対策・セミナー・研修   坂本直紀 社会保険労務士法人

坂本直紀 社会保険労務士法人 電話番号-坂本直紀 社会保険労務士法人
YouTube  フェイスブック  ツイッター  お問合せ・ご相談

プロフィール

資料ダウンロード

事業概要・内容

セミナー・講演・社員研修

出版実績

雑誌掲載

メディア取材


執筆紹介
「ストレスチェック制度 導入と実施後の実務がわかる本」(日本実業出版社 2015年12月17日発行)
詳しい内容はこちら

執筆実績一覧へ

坂本直紀のビジネスブログ
トップページ → お役立ちメルマガ → 第1132号

<「いじめ・嫌がらせ」相談件数が過去最高>

【概要】

厚生労働省は先日、「平成30年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表しま した。
具体的には、次の内容が特徴的です。

  1. 総合労働相談件数、助言・指導申出の件数、あっせん申請件数がいずれも前年度より増加しています。また、総合労働相談件数は、111万7,983件と11年連続で100万件を超え、高止まりとなっています。
  2. 民事上の個別労働紛争の相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数の全てにおいて「いじめ・嫌がらせ」が過去最高でした。なお、民事上の個別労働紛争の相談件数は82,797件(前年度比14.9%増)でした。

【意見・感想・解説】

今回は、昨年度の個別労働紛争解決制度の施行状況を取り上げました。
総合労働相談件数は、100万件を超えており、トラブルが多発していることがうかがえます。

また、「いじめ・嫌がらせ」すなわち、パワハラに関する相談が他の相談と比べて最も多く、さらに増加傾向であることも注目されます。パワハラ防止に関する法律が今国会で成立した関係で、企業においてはますますパワハラ対策が重要になります。

今後、指針等で企業が講ずべき義務が明らかになる予定です。しっかり確認し、適切に対策を講じていく必要があります。


 

1.以下の「お問い合わせ・ご相談はこちら」ボタンをクリックして下さい。お問い合わせフォームが開きます。

2.お問い合わせフォームは、以下の通りとなっています。必要事項をご記載いただくとともに、ご要望事項をご記載の上、ご送信下さい.。
 内容を確認後、電話またはメールで、ご連絡いたします。その際に、ご要望事項を確認させていただきます。必要に応じて、訪問して説明いたします。




フッター

当社との取引について

●人事労務顧問、就業規則、ハラスメント対策、残業対策、メンタルヘルス対策、セミナー、研修は、全国対応させていただきます。

●東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心に活動しています。
遠隔地のかたは、メール、電話等でご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。

フッター
トップページ会社概要事業概要お役立ち情報お客様の声FAQ
個人情報保護方針 著作権・免責事項リンク 特定商取引法に基づく表記人事労務イノベーション研究会
Copyright (C) 坂本直紀 社会保険労務士法人 All rights reserved
フッター