経営人事労務顧問・就業規則・ハラスメント/残業/メンタルヘルス対策・セミナー・研修   坂本直紀 社会保険労務士法人

坂本直紀 社会保険労務士法人 電話番号-坂本直紀 社会保険労務士法人
YouTube  フェイスブック  ツイッター  お問合せ・ご相談

プロフィール

資料ダウンロード

セミナー・講演・研修

出版実績

雑誌掲載

メディア取材


執筆紹介
「ストレスチェック制度 導入と実施後の実務がわかる本」(日本実業出版社 2015年12月17日発行)
詳しい内容はこちら

執筆実績一覧へ

坂本直紀のビジネスブログ
トップページ → お役立ちメルマガ → 第985号

<忘年会でのセクハラ注意!>


【概要】

BIGLOBEでは、「セクハラに関する意識調査」結果を発表しました。スマホを所有する全国の20代〜50代の社会人男女800人を対象に アンケート形式で実施しました。
具体的には、次の内容が特徴的です。

  1. 「あなたはセクハラをされたことがありますか」との質問に 女性の約4割が「ある」(39.0%)と回答しました。 女性だけで無く、男性の場合も1割弱が「ある」(8.5%)と回答 しています。
  2. 誰にセクハラをされたかでは、「上司・先輩」(82.6%)、 「取引先・お客様」(27.9%)と続きます。
  3. セクハラされる場面では、「食事・飲み会」(53.2%)を筆頭に、 「通常業務時」(48.4%)、「会社行事の飲み会(忘年会、歓迎会など)」 (42.6%)の順でした。

【意見・感想・解説】

今回は、セクハラに関する調査結果を取り上げました。
タイトルは、「忘年会でのセクハラ注意!」

お酒が入って気が緩んだとき、記憶が途切れた時に、セクハラの発生リスクが高まります。 特に、以下のようなことが行われていないか注意してみる必要があります。

  • ボディタッチをする(肩を抱く、肩をもむ、背中を触る等)
  • 強引なデュエット(二次会でのカラオケ)
  • タクシーに無理やり一緒に乗り込もうとする。
  • 無理やり連絡先を聞く
  • トイレの前で待ち伏せする。
  • 卑猥な話をはじめる

ちょっとした行為が、命とりになる可能性が高いです。ご留意ください。


 

1.以下の「お問い合わせ・ご相談はこちら」ボタンをクリックして下さい。お問い合わせフォームが開きます。

2.お問い合わせフォームは、以下の通りとなっています。必要事項をご記載いただくとともに、ご要望事項をご記載の上、ご送信下さい.。
 内容を確認後、電話またはメールで、ご連絡いたします。その際に、ご要望事項を確認させていただきます。必要に応じて、訪問して説明いたします。



人事労務顧問

就業規則作成・改訂

フッター

当社との取引について

●人事労務顧問、就業規則、ハラスメント対策、残業対策、メンタルヘルス対策、セミナー、研修は、全国対応させていただきます。

●東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心に活動しています。
遠隔地のかたは、メール、電話等でご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。

フッター
トップページ会社概要事業概要お役立ち情報お客様の声FAQ
個人情報保護方針 著作権・免責事項リンク 特定商取引法に基づく表記人事労務イノベーション研究会
Copyright (C)2007-2013 坂本直紀 社会保険労務士法人 All rights reserved
フッター