経営人事労務顧問・就業規則・ハラスメント対策・残業対策・メンタルヘルス対策・セミナー・研修    坂本直紀 社会保険労務士法人

坂本直紀 社会保険労務士法人 電話番号-坂本直紀 社会保険労務士法人
YouTube  フェイスブック  ツイッター  お問合せ・ご相談
満足のいく人事労務管理−就業規則、研修は坂本直紀 社会保険労務士法人へ
残業小冊子

プロフィール

執筆紹介

職場のメンタルヘルス対策の実務 第2版
「職場のメンタルヘルス対策の実務 第2版」(民事法研究会 2013年3月15日発行)
詳しい内容はこちら

労働関係法改正にともなう就業規則変更の実務
「労働関係法改正にともなう 就業規則変更の実務」(清文社 2013年3月8日発行)
詳しい内容はこちら

「判例にみる 労務トラブル解決のための方法・文例 第2版」(中央経済社 2011年7月15日発行)
詳しい内容はこちら
執筆実績一覧へ

坂本直紀のビジネスブログ

トップページ → モデル就業規則・規程一覧  モデル改善提案制度規程


モデル改善提案制度規程

(目的)
第1条 改善提案制度は、社員のアイデアと創意工夫を生かし、その内容を会
   社に提案することで、経営の改善を図るとともに社員の経営への参画意
   識を向上させ、社内を活性化するために実施する

(対象者)
第2条 改善提案制度の対象者は全社員とする。 

(改善提案の内容)
第3条 会社が社員に求める改善提案の内容は次の各号に定めるものとする。
   一 コストダウンに関する内容
   二 新商品、新サービスにつながる内容 
   三 業務の改善に関する内容
   四 安全、健康面に関する内容
   五 その他経営の改善につながる内容

(改善提案件数)
第4条 改善提案件数は、毎月1件以上とする。提案件数の上限は設けない。

(改善提案の方法)
第5条 改善提案は所定の用紙に必要事項を記載して、自部門の管理者に提出
   するものとする。 

(審査)
第6条 各部門の管理者は社員の改善提案内容を審査する。審査の結果、S賞
   の内容については、別途審査委員会を設けて審査する。審査委員会のメ
   ンバーは、その都度決定する。  

(審査基準)
第7条 改善提案の審査基準は、次の各号に定めるものとする。
   一 付加価値:改善提案の内容が、会社経営にどの程度価値があるか
   二 問題発見能力:現状の問題点をどの程度適切に把握しているか
   三 問題解決能力:発生する問題を課題化し、解決するための提案か
   四 熱意、態度:提案内容を実現する気持ちがどの程度表れているか
   五 実行可能性:提案内容は本当に実行できるか

(表彰の区分)
第8条 改善提案の内容は、以下の区分で表彰する。
   一 S賞:10,000円
   二 A賞:3,000円
   三 B賞:1,000円
   四 C賞: 500円
   五 不採用:100円
  2 S賞の中で特に優秀な提案については、別途社長賞を贈ることがある。

(付則)
本規程は、平成○○年○○月○○日から施行する。


モデル規則・規程一覧に戻る


就業規則作成・改訂
フッター

当社との取引について

●人事労務顧問、就業規則、ハラスメント対策、残業対策、メンタルヘルス対策、セミナー、研修は、全国対応させていただきます。

●東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心に活動しています。
遠隔地のかたは、メール、電話等でご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。

フッター
トップページ会社概要事業概要お役立ち情報お客様の声FAQ
個人情報保護方針 著作権・免責事項リンク 特定商取引法に基づく表記人事労務イノベーション研究会
Copyright (C) 坂本直紀 社会保険労務士法人 All rights reserved
フッター